Fandom

Terminator Wiki

ターミネーター5

128このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
ターミネーター5
Terminator 5
監督 McG
公開 2014年公開予定
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前作 ターミネーター4
次作 ターミネーター6
  

ターミネーター5

制作編集

続編となる『ターミネーター5』については、2008年12月11日からドバイで開催されたドバイ国際映画祭でMcG監督本人より発表された[1]。当初は『ターミネーター4』の反応を見てから次作を検討する計画だったが、これまでに公開した映像への反響が高いことから、予定を前倒して5作目の準備を開始したという。しかし、ターミネーター4はアメリカでの興行収入と批評がふるわなかったため、製作会社から続編製作について正式な発表はなかった。

2009年、『ターミネーター4』のプロデューサーであるデレク・アンダーソンヴィクター・キュビチェクらによって、「既に『ターミネーター5』の制作に着手した」、「主人公ジョン・コナー役のクリスチャン・ベールとは、3作品への出演契約をすでに取りつけている」との情報が流れ、マックG監督は「『ターミネーター2』でT-1000役を演じたロバート・パトリックを細胞複製を研究している科学者役で出演させる予定だ」と述べていた[2]。しかし、2009年8月、シリーズの権利を所有するハルシオン・ホールディング・グループが破産法の適用を申請して倒産し、[3]『ターミネーター5』の計画はすべて白紙に戻っている。

2010年2月、米ヘッジファンドのパシフィコアが、2,950万ドルで映画化権を競売で獲得した[4]

2011年4月、アーノルド・シュワルツェネッガーが加わる米国最大手のタレントエージェンシーCAA(クリエイティブ・アーティスト・エージェンシー)が『ターミネーター5』の映画化のプロモーションを各映画スタジオに対して行った。この時点では、CAAと契約しているジャスティン・リンが監督を務めることが含まれたパッケージ企画であることはアナウンスされていたが、脚本については決まっていなかった[5]。また、カリフォルニア州知事を退任したシュワルツェネッガーが俳優復帰を宣言し、『ターミネーター』シリーズへの復帰を希望している為に、『ターミネーター5』への出演がなされると憶測も報道されている。 当初は2012年撮影開始、2014年公開の予定であった。 ところが、2011年9月、ジャスティン・リンが「ワイルド・スピード」シリーズ第6弾の製作を優先させる為に『ターミネーター5』のクラインクインが遅れることが発表された。続編を2部作として製作する計画であるが、この時点でも脚本家も決まっていない。「ターミネーター」に関連する権利のいくつかは、2018年にクリエイターであるジェームズ・キャメロン監督に戻ることになっているため、別の監督を起用して早急に製作に入る可能性もあるとされている。

=スタッフ編集

キャスト編集

脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia