FANDOM


  • 『ターミネーター4』
人間捕獲用に開発された巨大ロボットの実験用人間捕獲機のターミネーター。ハーヴェスターは、「収獲機」を意味する。全高は約25m(パンフレットより)。製作スタッフの発言では、高さ15.5mとされており、機体差があるか、あるいは途中で設定を変更したかのどちらかと考えられる。スカイネットは人間に近いターミネーターを作るため人間を捕獲し細胞の研究を開始。それに沿い開発された。左肩にはショルダーキャノンが装備されていて逃走する者を砲撃して破壊。その精度は頭部の視覚センサーとショルダーキャノン本体内蔵のレーザー照射による2重捕捉式のため高く、目標が自動車大のサイズならばたとえ走行中であっても基本的に百発百中である。巨体から繰り出されるパワーが最大の武器で、建造物を破壊して内部に潜んでいる人間達を両腕のマニピュレーターで生け捕りにする。両腕の他に腹部には2本の副腕が装着されており、人間の生け捕りは主に副腕で行っている。また、低い機動性を補う為に両脚部にはモトターミネーターを格納している。長距離移動の際はトランスポート上部に収納される。『4』小説版ではショルダーキャノンと、これとは別のより小型の火器を装備しているが、それぞれ「大きい銃」と「小さい銃」としか表記されていないため詳細は不明。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki